人妻のセックスについていけるヤツ尊敬するわ

PCMAXバナー

人妻のセックスについていけるヤツ尊敬するわ

gmnkjznr001008

俺は小さいころからエロ本やAVを観ていつか人妻とセックスがしたいと思っていた。俺の想像する人妻は童貞や年下には優しくセックスを教えてくれ色んな要望を聞いてくれ、セックス上級者の男とのセックスは、ドMになり強引で乱暴なセックスをすると言ったイメージ。

どちらの場合も人妻は乱れに乱れ、そんなセックスなら人妻と関係を持ちたいと思うようになっていた。

その願望を叶えるべくおれは人妻ヒルサガーリで人妻と関係を持つことにした。周りの友達が簡単に人妻とセックスで来ていたので俺も意外と簡単に人妻とLINEの交換をすることが出来た。

俺の設定は童貞。

それを言うと人妻は上から目線で俺の童貞を奪おうと必死になっていた。

人妻の歳は29歳、Fカップらしい。

「パイズリしてあげる」「中出ししたい?」「女の体教えてあげる」「フェラで涎まみれにしたい」などと卑猥なLINEをずっと送ってきた。

この時点で少し引いてはいたが夢の人妻とのセックス。

とりあえず会ってセックスをすることに。待ち合わせの時。

その人妻は現れた。見た目は人妻とは見えない今どきの綺麗な女。この女があんなLINEをしていたとは思えなかった。

さっそくラブホに向かい、その道中も俺は童貞の振りをして縮こまっていた。

部屋に入るなり女はしゃがみ込み俺のズボンを脱がせおもむろに俺のブツをぱくりと咥え上目使いで俺を見てくる。

「どう?これがフェラよ」といやらしい音を立てながら言ってきた。

さすがにテクニックは超絶級。旦那に仕込まれたのだろう。

そこからが地獄の始まり。

俺をベッドに倒しこむと俺の顔の上に着席。

「ここがクリ、よく見て舐めなさい」

舐める前に自分で俺の口にこすり付けてくる。

そのあとも足を舐めさせられたり、アナルを舐めさせられたり、とにかく人妻が気持ちいのであろうことをずっとやらされた。

最後はクリを舐めさせられているときに放尿し俺は大量の聖水を飲むことに。

イラついた俺は挿入の時にゴムを外し人妻に中出しをしてやった。

もう人妻とのセックスに夢は抱かない。こんな人妻ばかりではないだろうが俺はもう人妻ヒルサガーリを使うことはないだろう。

セフレ募集掲示板掲示板に登録

下記にご自身の地域情報等を選択してメールを送信してください。

送信したメールアドレス宛に本サイトからのメールが届きます。そこに記載されてあるURLからログインされると本登録完了で利用が可能となります。

今なら初回の方に限り2000円分の無料ポイント付き
セフレ掲示板

18歳以上の男女であれば、どなたでも参加していただく事ができます。登録料や年会費などは一切頂いておりませんので、安心してご利用下さい。また、当サイトに参加される際は、フリーメールアドレスのご利用をお薦めしています。

セフレ募集掲示板ランキング

セフレ募集者が多い出会い系サイトを紹介しています。どのサイトも信頼の出来る人気サイトですので初めての方も安心して利用することが可能です。

当サイトで紹介しているセフレサイトは全て登録が無料でしかも初回無料ポイントが付いてきます。例えばセフレ探しで大人気のサイトPCMAXでは初回1000円分のポイント付いており、約20回女の子とメールが出来ます。

その為、初回無料ポイントだけでも十分に楽しめる様になっています。

国内最大級の出会い系サイトですので利用者の数が違います。その為セフレ探しで利用している人も他の出会い系サイトよりも多く簡単にセフレ相手を探すことが出来ます。信頼も実績も大人気のサイトになっています。
PCMAXなら初回の方に限り1000円分のポイント付いています。※18禁

ラブ

利用者の大半がセフレ探し目的で利用している為、セフレ探しが非常にしやすいサイトになっています。利用ユーザーからの口コミ・評価が高いのもラブの特徴で、初めての方も安心して利用できます。
ラブなら初回の方に限り2000円分の無料ポイントが付いてきます。

愛カツ

愛カツもエッチ目的での利用者が多いので簡単にセフレを見つけることが出来ます。若干利用者の年齢層が高く人妻好きにはたまらないサイトと言えます。特に人妻は即アポ率が高いのでお薦めです。
PCMAXなら初回の方に限り1000円分のポイント付いています。

ワクワクメール

友達・恋人作りに最適な出会い系サイトのワクワクメール、信頼も実績もある人気のサイトですので初めての方も安心して利用できます。最近はセフレ目的で使っている女性も増えてきている様です。
登録は完全無料になっていますので興味のある方は是非一度ワクワクメールにご登録下さい。

人妻のセックスについていけるヤツ尊敬するわへのコメント

他の記事へ